亥の子の祝い (2018/11/15 曜日)

旧暦十月の最初の亥の日。亥(イノシシ)の子の神を田の神とし、山に帰る田の神に農作物の収穫を感謝し祝う日とされる。イノシシの多産にあやかり、亥の子餅を食べ無病息災と子孫繁栄を祈る風習がある。また、亥の日の「亥」は火を免れるという信仰があったため、江戸時代にはこの日から炉やコタツ、火鉢を出し始める習慣があった。