十三夜 (2018/10/21 曜日)

十五夜の後の月見であることから「後の月見」という。この日、団子を供えて月見をする。「豆名月」、「栗名月」ともいい、秋に収穫した大豆や栗を供える地域もある。
十五夜と比べると、十三夜を特別に行う家庭は少ないが、両方の月を同じ場所で眺めるのが良いとするいい伝えがある。
昔は、どちらか片方だけの月見をする片月見は不吉なこととして避けられた。