半夏生 (2018/07/02 曜日)

夏至から11日目頃、天文学的には太陽黄経100度の点を通過する日。
毎年7月1日~2日頃。「半夏(はんげ)」といわれるドクダミ科の「烏柄杓(カラスビシャク)」が生えるという意味。
農家では、田植えを終える節目の日とされた。
この日、関西などではタコ料理を食べる風習がある。