千葉県民の日 (2018/06/15 曜日)

明治6年(1873年)6月15日に現在の千葉県が誕生したことにちなみ、昭和59年(1984年)に県の人口が500万人を突破したことを記念して、6月15日を「県民の日」と千葉県が定めた。